[PR] 競馬の比較サイト 年年歳歳花相似 歳歳年年人不同 2011年09月
FC2ブログ
年年歳歳花相似 歳歳年年人不同
美しい花は毎年同じように咲くが、花を愛でる人は毎年同じ人ではない。
2011/08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2011/10


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011/09/11(日) 21:42 自転車
『第1回 赤城山ヒルクライム』に参加しました
何気にヒルクライムレースは初めての参加です。
なぜなら登りが嫌いだから(笑)
登りは、『下りというエンターテイメントの為の副産物』というくらいしか思っておりませんで(笑)

コースとしては、21km弱を1,300m登るという、激坂不在のだらんだらん系ヒルクライム。
ある意味HCイベントとしては斬新なコースプロフィール。
平均6.4%、最大9.5%くらい。

ヒザも本調子で無い中、スタート。

最初の5kmの5%前後の登りで、もうやられた気分。
20km中17kmは、34×25のインナーローでの推移でした(笑)

全行程中15kmくらいは左膝が機能せず、ほぼ右足のみで登ってた感じでした。
左足では踏めず、かるーく回すだけ。

ああもう、今年はこの半月板損傷に全てが引っ張られている感じです。
まあ怪我なんてそんなモンでしょうか。

結果は…1時間52分30秒くらい。
ぼろんぼろんでした。

でもまあ、現時点でのベストは尽くしました。
ハム&カーフが攣っても攣っても攻めました。
HR180超えても攻めました。

ロードを再開した2003年くらいの足に戻ってます。
全然推進力が得られません。なんかもう重力に引っ張られるのみ。

でもふがいない結果に心底自己嫌悪ですが…
自分が苦手としている事をカバレッジしようとするのもシンドいので、
今後ちゃんと練習や乗り込みを行わないんであれば、多分もうヒルクライムは出ないと思います…
(正直、快適感は皆無でした…)

今後は平地系かFISCOみたいに、登った分下れるようなイベントを選んで出る事にします。



※ 追記
群馬県民&前橋市民の自転車への理解度と、沿道の声援の熱さには、本当に本当に感動しました!
運営に関しても、駐車場以外素晴らしかったと思います。

でもひとつだけ…
次回は、『死んでも主催者に責任追求しません』という誓書を書きますから、
お願いだからあの下りを自由に下らせて下さい。

スポンサーサイト

コメント:2 トラックバック:0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。