[PR] 競馬の比較サイト 年年歳歳花相似 歳歳年年人不同 2007年11月
FC2ブログ
年年歳歳花相似 歳歳年年人不同
美しい花は毎年同じように咲くが、花を愛でる人は毎年同じ人ではない。
2007/10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2007/12


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007/11/24(土) 23:37 サッカー(FC東京)
11/24 大宮戦
試合前にスタジアム近所でフットサルを。
好天という事もあり、かなり心地よかった。




さて試合。

『大宮と味スタで』は、いい印象が全く無い。
だから今日も
『きっと東京が勝つ事は無いのでは?』
とネガティブに見てたら…









負けやがった…


やっぱり、サッカーって『気持ち』なんだなぁ、ってあらためて実感。
特に実力が伯仲している間柄の大宮とは、モチベーションの差がモロに出てしまった感じ。

塩田の『送り出す気持ち』(土肥のユニを着ての練習ね)には感動させられたが、
そんな程度じゃあ、崖っぷちチームのモチベーションに比べたら屁みたいなモンだった、って事なのか…


ハラヒロミのスピーチ、全然面白みが無かった…
これが今年の『彼そのもの』を体言しているような気がします。

チームのモチベーションもそうだが、
彼のモチベーションや色が今年は全く伝わってこなかったなぁ、と、
ホーム最終戦で気付きました(笑)



071124_1600~0001.jpg










でも、天気が良くて暖かかったので、ヨシとします。



スポンサーサイト

コメント:0 トラックバック:0

2007/11/20(火) 19:59 食べもの
茨城県常総市 『とん太』
筑波サーキット近くの顧客へ、2週連続の訪問。

その手前にある『とん太』

071120_1204~0001.jpg




名のとおり、とんこつラーメン屋。
でも聞けば、元々はとんかつ屋だったらしい。



とんこつラーメン。

071120_1148~0001.jpg


こういうピュアなとんこつラーメン、久々食ったがやはりウマい♪



ランチセットで、ミニチャーシュー丼も食しました。

071120_1145~0001.jpg



若干濃かったな、こちらは。


替え玉も一発しましたが、この辺から自分の体調の悪さに気付いてきた…


悪寒が…風邪か?インフルエンザか…?





コメント:0 トラックバック:0

2007/11/18(日) 23:34 サッカー(FC東京)
11/18 G大阪戦
アマラオDVD購入。
彼との握手会の事なんて忘れており、かなり遅い時間にふらーっと買いに行ったら、まだいらっしゃる。
それでも制限時間オーバーだったらしく、手前で切られてしまったのだが、
最後の最後に通してもらい、めでたく握手♪


071118_1318~9999.jpg



↑これは同行の友人。イイ笑顔です。




自分が握手した時、彼に
『来年は東京の監督?』
と聞いたら、
『うーん…ワカラナイよ』
だって(笑)

城福じゃなくて、あるぞこりゃ(笑)






試合は…

バック寄りのG1席は、大変暖かくて快適でした。
茂庭のポカにも、見る側としたら小慣れてきたし(笑)


『負けない事が大事』
最低限このくらいの粘りを持って、毎試合挑んで頂きたいものです。



コメント:0 トラックバック:0

2007/11/15(木) 08:50 つれづれ
訃報。
彼女は、突然やってきました。



高校2年のとある夏の月曜日だったと記憶してます。
月曜日は部活が休みで、18時頃、家でのんびりテレビを見てたら、
当時教員だった母が帰ってきました。
部屋に入ってきた気配のみを感じ、一目もせず僕はテレビを見てたが、
いきなりドンとぬくもりのある動物をヒザの上に乗せられて、とてもビビった覚えがあります。


それが彼女との出会いでした。



生後2ヶ月くらいのビーグル犬(♀)が、突然家にやってきました。
ホントに何の前触れも前振りも無く、母は連れてきました。
『またいきなりどうしたのよ?』と聞けば、
『職場の同僚の家で3匹生まれたから、1匹頂いた』
という、1次元的なコドモのような理屈。
いまだに母はなぜもらってきたのか不明です。



『名前を決めよう』となった時、僕と姉でやんや色々考えた覚えがあります。

何にしようかねぇ、これもいいねぇ、なんて我々が懸命に考えている間に、
いつのまにか母が適当に『チャーコ』と呼んでいました。
聞けば、『(毛が)茶色だから』と明快な回答。
これで文学部哲学科卒業というのだから、『哲学』の奥の深さが垣間見れます。

…そしてそれがディファクトスタンダードとなり、さりげなく命名される事となりました。

ちなみに小学生の頃に飼ってた鳥も、同じような理由で『ピーコ』でした。
偉大です、母。



その頃の家はマンションでした。

普通、マンションではペット禁止のはずが、ウチに彼女が来た頃から、
急激に犬猫を飼う家が増えました。
元々絶対的な管理人がおらず、自治でやってるマンションだったから、
その辺いつの間にOKになってしまった模様です(笑)
おかげでマンションでも諸手を振って散歩に行ったり、マンションの通路を走らせたり、
隣の家にどかーんと入っていったりと、今考えれば大変迷惑な彼女だったに違いありません。



来たばかりの頃は、もちろんの事トイレの躾もなってなく、そこかしこで垂れ流されてました。
僕のベッドで寝てる事もしばしばあり、さて寝るか、という時にオシッコされてた、
というまこと悲惨な出来事も、一度や二度ではありません。



初めての散歩も、よく覚えてます。

きちんとてくてく歩けず、ロープを気にしてワシワシと噛んでたり、
僕らめがけてぴょんぴょん跳ねてたりで、前に進まない事進まない事。

そういえば初期の散歩用のロープは、細っこい水色のだった事を、今思い出しました。

きちんと散歩が出来るようになってからは、意外と結構僕が散歩してたものです。
(当時はかなりイヤイヤでしたが)
こっちは自転車に乗ってハードに走らせたり、綾瀬川沿いの親水公園みたいなとこで、
ざぶざぶと水遊びをさせたりしたものです。
当時は結構早くて、お互いダッシュしても、同じくらいいか、彼女の方が少し早いくらいでした。


散歩から帰ってきて、玄関で彼女の足を拭く時に、かならず雑巾と手をがぶがぶと噛まれました。
結構本気で彼女は嫌がって怒ってました。何が気に入らなかったのか、今もって謎です。



よくお風呂にも入れてました。

だいたい週1か2週間に1回くらいか。
湯船にざぶーんと放り込み、湯船から出ようと足をかけた時に、
顔めがけてシャワーかけた時のあの『イヤイヤ!』という顔が面白くて、
毎回例外なくかけて遊んでました。
シャンプーの時はあまり嫌がることなく、じーっと洗われていました。

終わってあらかた拭いた後は、何故か部屋中猛ダッシュ。
タッタカタッタカと爪の音を鳴らして、しばらくぎゅんぎゅん走り回っていました。



彼女が来てからというもの、我が家は彼女中心に回る事になりました。

クルマ(当時は狭い狭いスズキ/アルト)に家族4人+犬が乗り、
軽くお出かけ、という事も何度かあったように記憶しております。

彼女が来て最初の正月だったか、大洗の方までふらりとドライブに行き、砂浜でリードを外しました。
彼女はおおはしゃぎで走り回り、何を思ったか海めがけて猛ダッシュ!
もちろんの事、波に持ってかれ、軽く溺れそうになってました。
それ以来、海の中には決して入らなくなりました。



彼女は、掃除機が苦手でした。

掃除機をかけ始めると、どこかものすごく部屋の端っこまで逃げ、束ねたカーテンの下とかで
ぶるぶる震えておりました。
掃除が終わると、ほっとしたように出てきます。

そんな風に掃除機を苦手にしたのも、僕だったんですがね(苦笑)
家に来て間もない小さい頃に、掃除機で背中を吸って遊んでたのが、おそらくの原因です。



ロッキングチェアの足の部分を、むきになってガシガシと噛んでいました。

うつ伏せで前足を噛む部分に添えて、後ろ足はべろーんと投げ出した、
なにやら間抜けな姿でいつも噛んでました。
そのチェアーも、いつの間にか無くなった事も、今思い出しました。


大学の頃、部活が終わって23時や0時頃に帰っても、
必ず寝てる部屋から出てきて出迎えしてくれました。

眠そうな顔でちゃっちゃかちゃっちゃかと爪の音を鳴らしながら、とぼとぼと玄関まで来てくれました。
でもひと撫でされると、速攻で寝床に帰っていくのですけどね。


僕はその後、高校を卒業し、大学2年くらいから一人暮らしを始めて家を出たので、
濃密に接してた頃というのは、彼女の0~4歳くらいの頃だけでした。
だから記憶の中での彼女は、このあたりまでのかなり若いおてんばな頃の印象のみで、
その後はたまーに家に帰るたびに、毛の色が薄くなっていったり、老いて大人しくなっていく姿を、
少々悲しく思いつつ傍観していました。


今思えば、草加に住んでた時期だけで言えば、僕は母よりも彼女と通じてたモノがあったと思います。
犬様は家族の中での自分のヒエラルキーを決める、と言いますが、
僕は少なくとも、姉や父よりも上にいた自信はあります。
(父の名誉の為補足しますが、父はこの頃、ずっと単身赴任で不在だった為、
彼女としてはかなり影の薄い家族だったと思われます)

母とは通じない何かを僕は彼女と通じ合ってた気も、今更ながら感じたりします。
まるで異性の恋人のような。








そんな彼女、今年に入ってくらいからか、みるみるうちに痩せこけていきました。
たまに帰って、見るのもイヤになるくらいやつれていきましたが、その頃はエサもばくばく食べてた、
との事で、あまり心配はしてなかったのですが、この先の短さはもちろん覚悟してました。

先週の土曜日、新潟で釣りをしてる頃に姉から
『ちゃーこが歩けなくなった』
という報をもらいました。
その時点でもう結構諦めてはいましたが、昨晩、ついにその歩みを止めました。


昨晩はどうしても抜けられず、今朝早くに実家に行き、亡骸と対面してきました。

リアルな、大変リアルな亡骸でした。


母が数時間出掛けてる間に亡くなったと事で、
母は、その最期を看取る事が出来なかった事をひどく気にしていました。

僕は…報を受けた昨晩も、今朝対面した時も、決して泣く事は無かったのです。
そんな愛した、愛し合った仲だった彼女の死をもってしても泣けないものなのかと思っておりましたが、
この文を書き連ねているうちに、どんどんと悲しみが沸いてきました。


『犬畜生』が死んだだけで、こんなに悲しいものかと、
それだけ彼女は我が家にとても大きく存在してた事を、今もって実感しました。

小型犬にとっては長生きした方で、
病気や事故ではなく大往生で亡くなった事がせめてもの救いでしょうか。





1992/5/21 ~ 2007/11/14

享年15歳。






またどこかで一緒に散歩しよう、ちゃーこ。












VFSH0231.jpg




コメント:3 トラックバック:0

2007/11/09(金) 21:32 新潟県のラーメン屋
新潟県新潟市西区 『麺屋 一本気』
そういえばあまり行かない西区にある、『一本気』。



071109_1303~0001.jpg







メンマらーめん

071109_1312~0001.jpg



魚粉系。

こういうの、単純な味になりがちではあるが、結構好き。
油分が少ない割に濃厚なお味。




コメント:0 トラックバック:0

2007/11/08(木) 19:12 新潟県のラーメン屋
新潟県三条市 『バス長ラーメン』
バス長』…?

店名が謎。
店員さんの揃いのTシャツは、バス停だった。

なんだろな…?



で、ラーメンは…


極塩ラーメン (小油) + 岩海苔 \800

071108_1237~0001.jpg




サッパリ塩で、油も少なくしてさらにサッパリ♪

結構オーソドックスな味で、大変落ち着く。





コメント:2 トラックバック:0

2007/11/04(日) 17:58 サッカー(FC東京)
11/4 TDK SC戦
毎年初秋くらいから、サッカー的には最高の季節がやってくる。

9月頃には天皇杯の1回戦が始まり、
『おお、もうそんな時期か』
と気づき、
10月あたりの3回戦でJ2が勝ったり負けたりでちょこっとニュースになり、
『さて4回戦はドコとあたるのかな?』
なんて、凡そ検討も付けられないような勘繰りを無駄に行い、
組み合わせが決まれば、
『おいおい、さすがにJFLや地域代表には負けられないだろ~』
と逆のプレッシャーを感じつつも、心のどこかでは
『まぁとは言っても負ける事はねえだろ。さ、それより5回戦の場所はまだか?』
などどまさに取らぬ狸のなんとやら。
んでだいたい裏切る事無く5回戦は普段のリーグじゃ行かない西の方。
今回もご多分に漏れず、香川の丸亀!
『いや~、どうやって行くよ?自転車持ってく?』
とか、まだ行けるかどうかも判らないのに一番はしゃげるこの季節。

トーナメントというそんな微妙なテンションがあり、この4回戦ってのはなかなか1年でも楽しい試合。


ちなみに2番目に好きな時期は、1月中旬くらいから2月初旬。
微妙に漏れてくる年間スケジュールが、なかなか憎い。
『おいおい、福岡は水曜かよ!』
『大分は18きっぷ開始の前週って…』
『松本ホーム!やっほー!』
的なアウェー日程による一喜一憂。あぁ来年も楽しみだ。





で、そんな4回戦。
天皇杯特有のうら寂しい雰囲気も、味があって最高。
普段の場内ミュージックが五月蝿すぎるのか?と思うくらいの静けさ。

陽がバッチリあたり、多少暑い中での観戦。
いつもこんな感じだな。毎年好天のイメージがある。

071104_1436~0001.jpg






やる方も見る方も、大敗後という事で多少猜疑的になっている事も大いにあったのだろうが、
贔屓目に見ても酷い内容だった。

『点取れたのが2点ともコーナーキックから』= 『崩せなかった』

TDKのディフェンスは見事勝ち。
TDKとしては、本当に惜しかったと思う。








さてさて、そんな訳で12月の四国決定♪
1年に2度も四国に行ける幸せ♪



コメント:0 トラックバック:0

2007/11/02(金) 20:23 新潟県のラーメン屋
新潟県見附市 『らーめん勝』
かなり寒くなってきた新潟中越エリア。

本日は8号線沿いのもちぶた『らーめん勝』

071102_1226~0001.jpg






岩のりらーめん(大盛) \850

071102_1239~0001.jpg



久々の脂系だったが、さしてコッテリした感じも無く、
岩のりもあったせいかスッキリサッパリ食べられた。

但し、麺がぶっといタイプだった。これはあまり好きではないかも…


同行者とは、冬の靴はどういうのがいいのか?という話で軽く盛り上がった。

はぁ、冬やだな…

コメント:0 トラックバック:0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。