[PR] 競馬の比較サイト 年年歳歳花相似 歳歳年年人不同 2006年05月
FC2ブログ
年年歳歳花相似 歳歳年年人不同
美しい花は毎年同じように咲くが、花を愛でる人は毎年同じ人ではない。
2006/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2006/06


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006/05/30(火) 20:53 自転車
自転車レースにおける『不文律』とは…?
『強いものが勝つ!』
てのは間違いじゃあない。
スポーツなんてものはその最たる例で、強くもナイのに勝つ事は困難だし、
そして世間はそれを許さないだろうし。

自転車レースって、勝ち負けの結果だけでなく、
その勝ち方やレースの道中の所作などに対し、とても粋が存在するスポーツだと思う。


とは言っても、他のスポーツでも意外と色々あるでしょう、不文律
(大変お恥ずかしい話だが、つい1年くらい前まで『ふもんりつ』って読んでました…
 いつそう覚えてしまったのか…あぁ恥ずかしい…)


例えばサッカー
・フィールド内で選手が倒れてたら、ボールを出して、再開後にちゃんとボールを返すアレ。
・相当微妙な判定でのPKの場合、出来るだけ相手にもPKを与える。
・キーパーが怪我した場合、治るまで待つ。 (ん?これはルールか?)

例えば野球
・大量リードの際、カウント0-3では打たない。
・同じく大量リードの際、盗塁はしない。
・内角を抉る球(或いはデッドボール)を貰ったら、必ずお返しを一発投げる。

例えばハンドボール
・試合1発目のシュートは、なるべく至近距離からキーパーの顔を狙う。
 (…俺だけか?)



ぱっと浮かぶだけでも、こんなような暗黙の了解がある。


では自転車レースでの不文律とは?

これが一見理解し難いモノもあるかも知れないが、
実際に自転車に乗ったり、レースに出てみると、とっても理解できる。


例えば…
・少数での逃げ集団を形成した場合、皆で協調して先頭交代を公平に行なう。
 もし引かないヤツがいたら(これがまずいないのだが)、そいつには勝つ権利も更に逃げを打つ権利もナイ。

・2~3人での逃げは、半分くらいは『スポンサー様』の意向。
 逃げてる間のテレビでの露出拡大を狙っている。

・(山岳ゴールでよくあるケースだが)
 総合優勝を狙ってるヤツと、ステージ優勝を狙ってるヤツが2人でもし逃げた場合、
 そのステージ優勝を狙ってるヤツが総合2位とか3位とかでない限り、総合狙いのヤツは勝ちを譲る。
 その譲るにも、なるべくわかりにくく。なるべく勝者のプライドを傷つけないように。

・(これはツールでだが)フランス革命記念日は、フランス人を逃がし、
 そのまま勝たしてしまう。(ん?去年だけか?)

・そのステージの地元出身選手が居る場合も、基本的に逃がす。
 その彼らの家族等とのレセプションを終わらせるまで、集団は止まって待つ。
 モチロンその間、逃げるβακαはいない。



ナゼそんなものが必要なのか?
(最後の2つは、自転車レースならではの『粋』だと思うが。自分はその『粋』も好き)

そもそも自転車は、前に人がいる後ろで走ると、もの凄く楽である。
F1とか自動車レースでいう『スリップストリーム』。『ドラフティング』とも言うが、要は『風除け』になる。
これがやってみればわかるが、20km/h以上で走ると、その差は歴然。
一番前が100%受ける風は、2番目の人は60%くらいで済み、さらにその後ろは50%程度になる、と言われている。
だからなるべく集団で徒党を組んで走る。

あとはマラソンで言う『ラビット』のような役割。
独りぽっちで走ると、風をモロに受けるのも辛いが、ペースを作るのが非常に難しい。
『頑張って前を追わなきゃ!』と思っても、なかなか(ペダルを)踏み込めないもの。
そこで、チームメイトがペースメーカー(モチロン風除けの意味もあり)となり、
ぐいぐいと前まで連れてってあげたりする。
小規模の逃げ集団の場合、チームの垣根を超して、基本的に皆協調体制を取る。
『集団に追いつかれぬよう、全員で逃げよう!』と。
この場合、たいがい(100%だな)集団の方が速い。
当たり前だ、楽してる人間が圧倒的に多いから、全体としてペースを上げるのは容易。


で、総合優勝の人は何故ステージ勝利を譲るのか?という話。
これは単純で…
『総合優勝は総合優勝』
なのだ。
つまり、
・ステージ10勝してのダントツの総合優勝
だろうと、
・2位と2秒差のステージ無勝の総合優勝
と、評価等にはさして差がナイ。
むしろ総合優勝者は、ステージの勝ちが何勝であれ、
今後のレース人生においてのキャリア等にも、あんまり関係がナイ。
総合優勝をした事のナイ大多数の選手は、
『ステージ○勝』

『ジロで○勝』 『ツールで○勝』
といったキャリアが大変重要。だから譲るべき。

ちなみにその総合優勝者の『振る舞い』も、段取りがある(と自分は思ってる)。

なるべくあからさまに譲る事はせず、でも見る人には
『あれ?勝負避けた?』
くらいで足を緩めて勝ちを譲るも、その後の記者会見等のオフィシャルな発言として、
『俺は勝ちを譲るような事はしない。相手に失礼だろ。いつでも全力さ』
的なコメントを残しつつ、その後のステージでも、さら~っと譲っていく。

はっきり言ってその時点で、もう勝たなくても強い事は、見てる方も他の選手達も十二分に認めている。
だからこそ、そのプロトコールを遂行する寛大さを求められている(と思う)。

にも関わらず、今年のジロで、バッソは最後の一つをしなかった。
その一連のせいで自分は、バッソを更に嫌いになった。



1日180km~240km、3週間で3,600kmとかを、平均時速40km/h以上で走るレース、
とてもじゃないけど独りでは走れない。
9人前後のチームメイトの存在はモチロンの事、200人近い全選手との協調がなければ、絶対に走り切れない。
だから上のような暗黙の了解が存在する。

良くも悪くも全選手の協調と慣れ合い、利用し利用されて、『粋』の中でステージをこなしてくのである。





…しかし、UCIポイントも勘案すると、ステージも勝ちにいかなきゃいけないのかねぇ?


スポンサーサイト

コメント:5 トラックバック:0

2006/05/29(月) 23:50 自転車
2006 ジロ・デ・イタリアも終わり…
下馬評通り、と言っていいのだろうが、バッソの見事なまでの圧勝だった。
『2番手』がいなかったというか、寄せ付けない強さだった、というか。

まぁ好き嫌いの話になるのだけど、バッソ、あまり好きでなかった。
何が?というのは今まで特になく、強いて言えば『生理的に』という抽象的なものなのか。

しかし今年のジロで解った。


こいつ、『空気嫁な杉』。



結局は自転車レース、特にプロのステージレースにおいて存在する『不文律』的なお話になってしまうのだが…

今回のジロで、バッソは第16ステージ第20ステージにて勝った。
まぁ16ステージはいいとしよう。その時点でマリア・ローザは着ているものの、
2位との差が3分27秒と、確固たる差をつけていなかったので。

しかし、明らかに『余計な勝利』だったのは、第20ステージ。
シモーニが不快感を露わにした、と報じられているが、まさにその通りで、
ここでバッソは、全くもって勝つ必要がなかった。
もう17ステージの時点で、大きなアクシデントが無い限り、バッソの総合優勝は確定していたのだから。
(差が5分を越えたら、ある程度安全ゾーンに入ると言ってた。今中さんが。)


むしろ、今年で引退と言われているシモーニに、山岳勝利を『Gift』すべきだったんだよ。


ちなみに同じような理由で、ランス・アームストロングもあまり好きではなかった…
ランスは『ヤツは米人だからなぁ。欧州の空気が読めねえヤツだなぁ』で片付いたが、
バッソは生粋のイタリア人。なんて粋じゃないイタリア人なんだ、コイツは…


この調子でツールも勝ったら、今年はちょっとおもろくないなぁ。
つっても2番手もいないしなぁ…




ったく。


コメント:0 トラックバック:0

2006/05/29(月) 19:12 食べもの
カレー&キッチン りんりん
久々食べ物ネタ。


土曜日の昼、雨の中、高はしを目指して出かけたところ、お休み………

いまだ行った事のない高はし…いつになったら行ける事やら…



で、気を取り直して、りんりんへ。

     060527rinrin1.jpg


外観、正直あんまりキレイな感じではないが、そんな事は全くおかまいなし。


『ボリュームランチA』を。
(現物撮り忘れたので、ショーケースで失礼…)

      060527rinrin2.jpg


・ハンバーグ
・カニクリームコロッケ
・サラダ
・カレーソース
そして…
・大量のゴハン



すげぇボリュームでやんの。
レース前日で、ちょっとカーボローディングを実施してたのでまぁよかったが、
平時の際には、ちょっとためらう量。
聞けばよかったが、目分量ではだいたい2合くらいはあったかも…



言わずもがなだが、お腹いっぱいになりましたとさ。





ちなみに場所は、ララちゃん通りにあるダイソーの先を曲がり、みぎっかわ


コメント:10 トラックバック:0

2006/05/28(日) 23:59 自転車
日産スタジアム サイクルなんちゃら
2週連続のレース参加。
今回は新横浜の日産スタジアムでの、一部公道を使用したレース

3時間を一人で走るカテゴリーにて参加。

CIMG6352.jpg



今回のコース
石畳あり
軽い砂利道みたいのあり
あり
下りヘアピンあり
の大変テクニカルなもの、さらに加えてウェットコンディション
これぞ公道レース!

course.jpg



しかし…
前半はそれはそれはもう、大変難しいレースでしたよ…
眼下でバンバン落車してく中、おそるおそるコーナーを曲がってくのも、結構シンドい…
肩は凝るし、無駄に力んでた模様。

雨がやんだ後半は、それはそれで蒸し暑く(25℃,湿度90%レベル)、厳しいコンディション。
















で、ゴール。

goal.jpg



~結果~

(70人中)17位。
24周 2時間59分46秒
Ave. 31.23km/h


走ってる最中はかなりダメダメな感じで、順位とか速さとかのモチベーションも低く、
ただただ安全に『前のヤツを追う』くらいの感じで走ってたが、
いざ結果が出てみると、意外と悪くはなかったかなぁ、と(モチロン良くはないが)。


巷では、このコース、かなり不評もあったみたいだが、
このくらいアドベンチャーな方が、やってて楽しいと思う。
公道コースって、そもそもこんな感じなんだろうし。
(それでもいい方かもしれんが)

危ないところでコケないように走るのもレースだし、
前の人が落車しても巻きこまれないように走るのもレースだし、
そしてときにそれが面白かったりもする。

主催者側に『危ない危ない』って言うのも、まぁわからなくもないが、
そんな方々は、もてぎとか筑波とかのサーキットのレースに出てればいいと思う。
バイクナビは『欧州のレースっぽいレースを』的な思想があるし、
安全安全だけじゃあ、あんまり面白くないっつうの。


で、次のレースは未定。
ツール・ド・新城への参戦を検討中だが、若干遠いかな、と。


コメント:4 トラックバック:0

2006/05/25(木) 23:59 自転車
5/25 ジロ・デ・イタリア 18"
150km逃げきったこの5人はスゴイな。
(まあ集団も泳がしたんだろうけど)

シューマッハ、2勝目!
この人の強さはホンモノだな。今後に注目♪


しかしゴールスプリント時速…68km/hとは…

コメント:2 トラックバック:0

2006/05/24(水) 23:59 自転車
5/24 ジロ・デ・イタリア 17"
バッソ、勝ちに行くかと思ったよ。

さすがにそこまではβακαではなかったか…



そういえば自転車レースの『暗黙の了解』って、結構奥が深い…というか、色々多い気がする。

そのうちヒマな時に、書き出してみるか。


でも考えてみたら、他のスポーツでも色々あるわなぁ。

コメント:0 トラックバック:0

2006/05/23(火) 23:59 自転車
5/23 ジロ・デ・イタリア 16"
イタリア人なのにソツが無い、というかツッコミどころが無い、というか。

バッソねぇ…




今日、勝つ必要はあったのかしらん?

コメント:2 トラックバック:0

2006/05/22(月) 23:59 自転車
5/22 ジロ・デ・イタリア 15"
やっと勝ったな、ベッティーニ



マキュアンが居なかったから勝てた…



なんて言われぬよう、もう1勝くらいしてほしいモンだ。

コメント:0 トラックバック:0

2006/05/22(月) 23:09 自転車
5/21 筑波4耐
しつこいようだが、5月中旬にして今年初めてのレース。
筑波サーキット4時間耐久レース、2人で分担して走ります。


朝9時には筑波サーキット到着。どピーカン。

     1.jpg




スタートまで5時間ばかしうだうだと過ごし、14時、やっとこさスタート。



     2.jpg






ガンガン走る。






     3.jpg







走る!








     4.jpg











で、ゴール!






     5.jpg



…実はゴールを1周早く間違えており、『残り1周』(だと思ってた周回)で400mくらいのロングスプリントを掛け、逃げをかまし、
こんな感じ(自己イメージ)でステキにゴールラインを越えたら、
相棒がピットから、
『もう1周!!!』
って…

少なくとも同じ集団で走ってた人々からも

『…え?もう終わりじゃ…?』

という声もちらほら聞こえ、俺は間違ってなかったんだと一安心
(いや、結果的には間違ってたんだけど、俺だけじゃないという安堵感というか…)。


しかし…500mロングスプリントかけた後でもう1周とは…
もう足残ってねぇよ………


とりあえず気を取り直し、再度集団をこさえ、最終コーナーからドカンと!!!









……もう出れず…



上のゴールの写真では地味だが、性懲りもなく、再度ガッツポーズを決めてあげる(苦笑)

結果、(138チーム中)55位なのにね…




で、レース後には、良質なたんぱく質を十分に摂取すべく、
ビリー・ザ・キッド/赤羽店で、ドカンと食べましたとさ。


     6.jpg




自分が走った分。
『周回』『タイム』『平均速度』の順

(1~5周 相棒)
6 3'38 34.3
7 3'35 33.5
8 3'36 34.0
9 3'47 32.7
10 3'28 34.3

(11~15周)
16 3'28 34.3
17 3'41 31.8
18 3'43 33.5
19 3'49 32.6
20 3'28 34.0

(21~25周)
26 4'24 29.8
27 3'39 33.9
28 3'44 33.2
29 3'45 32.9
30 3'32 33.9

(26~30周)
31 4'00 32.5
32 3'37 34.5
33 3'31 35.5
34 3'21 36.8
35 3'20 37.0
36 3'34 34.4
37 3'36 34.4
38 3'36 32.7

(39~52周)
53 4'33 28.6
54 3'30 35.4
55 3'49 32.5
56 3'48 32.4
57 3'58 31.3
58 4'01 30.9
59 4'10 29.8
60 3'48 32.6
61 3'40 33.9
62 3'42 33.5

2"03'35 33.5



コメント:4 トラックバック:0

2006/05/21(日) 23:59 自転車
5/20~21 ジロ・デ・イタリア 13"~14"
自分のレース前後でいっぱいいっぱいでしたので、見てません…




強いていえば、チェラミカのラベルデ、最後先頭引かな過ぎだろ。

ペレス、かわいそうだったなぁ…

コメント:1 トラックバック:0

NextPage


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。