[PR] 競馬の比較サイト 年年歳歳花相似 歳歳年年人不同 2005年07月
FC2ブログ
年年歳歳花相似 歳歳年年人不同
美しい花は毎年同じように咲くが、花を愛でる人は毎年同じ人ではない。
2005/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2005/08


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005/07/27(水) 18:46 つれづれ
『誕生日』について
昨日(7月26日)、誕生日でした。

昨日はおかげさまで、いろんな人からお祝いメールを頂きました。
普段全く会わなくなって、メールも年に1~2回くらいしかしないような人からも頂き、
本当に嬉しい限りです。

しかし女性ってのは、人の誕生日をよく覚えてますよね。
マメというか、なんというか。勿論ありがたい事なのですが。


で、誕生日について。


誕生日って、なんだか
『自分だけの特別な日♪』
的な考えの方もいるのでしょうが(特に女性に多い?)、
自分の概念としては、

『誕生日は親のもの』

という意識があります。

両親が、自分が生まれた日の事を思い出し、そして自分の成長を毎年確認する為の日として、
誕生日は存在するものだと考えております。

だって自分はその瞬間の事、覚えてないですし。
親から、
『あんたは7月26日に生まれたんだよ』
って言われたから、その日が誕生日な訳で、それがホントかどうか知る由もないし。
(別にウソでも全然構わない事ではありますが)

事実、明治くらいに生まれた方々は、誕生日が明確でない方も多かったらしいし、
元々が誕生日自体、とても概念的なものだと思います。
ちゃんと調べた事もないですが、もしかしたら誕生日という概念自体、
比較的新しいイヴェントなのではないかな?
とふと思ってみたり。

まあそれは良しとして…


だから自分にとっての誕生日は、
『親に感謝し、親に対して祝福する日』
なのです。
毎年、自分の誕生日に実家に居る事はまず無いのですが、
いつも遠くから(全然近いのですが…)、あなた達を祝っておりますよ~



このブログを見る機会はまず無いと思いますが、明郎(56)と加代子(57)に。

----
あなた達が26~7歳の頃に出来た稚児は、もう30になりました。

あっと言う間でしたか?

30年、色々あったかと思いますが、自分が思い出す限りでは、あっという間でした。

大変苦労かけた(現在進行形…)事と思いますが、自分はおかげさまで今も楽しい人生を歩んでおります。

自分が親になるには、まだあと50年くらいかかりそうですが、いつかその苦労を理解できればいいなと思ってます。

お互い元気で頑張りましょう。


『お誕生日おめでとうございます』
----
スポンサーサイト

コメント:2 トラックバック:0

2005/07/25(月) 11:55 つれづれ
『異常気象』
地震の次は台風ですか。


そういえばここ数年、『異常気象』という言葉が跋扈している(春も夏も秋も冬も)が…


『正常気象』というのは存在しないんですよ。



異常気象って、要は平均値より多い少ない高い低いなだけで、
平均値ってのはあくまで平均だし。
だからとてアブノーマルっていう結論は、なんだか短絡的かつ暴力的とも思います。
それでいきなり地球や人類が破滅する訳でもないでしょうしねぇ。

確かに年々温暖化が進んで、日差しも強くなっているような気もしますが、
それは自分が歳をとってるせいのような気もします。

大体自然のサイクルは、年次変化では無いでしょ。
もっともっと長いゆっくりとしたスパンの中で変化しているもので、
『去年よりも…』『今年は…』
な~んてちっぽけな話なのでしょう。


つまり何が気に入らないかと言うと、
マスコミが『異常気象だ!』ってやんややんや騒いで、
助長している感があるし、むしろその『異常』自体を楽しんでいるかのようなフシもある。

そんなにいいか?『異常』は。ニュース性があるからか?
正常ではダメか?ニュースにならないか?
助長する事で誰かが儲かるのか?災害グッズか?エアコンのメーカーか?桶屋か?


何を憂いでいるのか、自分でもよく分からないですが、
まあ要は気の持ちようだと…

コメント:0 トラックバック:0

2005/07/24(日) 23:58 自転車
ツール・ド・フランス その4
今日は上野まで自転車で行って、千駄ヶ谷等、自転車屋ツアーしてきました。

夜は来たる『筑波8時間耐久レース』の打ち合わせを行い、ビールを少々。
そして帰りは酒気帯び自転車走行で、明治通りを爆走。
シラフの状態よりもスピードが出たのは何故…?

ツール・ド・フランス、今日は遂にシャンゼリゼ。
見てる方としては、意外と早い展開でございました。
しかし本人達は、長い長いステージレースだった事でしょう。

ホイール欲しいなぁ…
カンパ EURUS希望!

コメント:0 トラックバック:0

2005/07/19(火) 21:55 自転車
ツール・ド・フランス その3
自転車レースの好きなところとして、
『暗黙の了解』が網羅されているところだと、
私個人的には感じております。

不意の落車の際、集団が待ったり、
地元の選手がいれば、その選手を最大限尊重し、
なんなら勝利までもプレゼントしたり、
無駄な逃げはしないし、自分の勝敗に関係の無い逃げには反応しない、
必要の無い勝利はしない、等々。

相手を木っ端微塵にやっつけるような思想は毛頭無く、
互いに最小限の力で勝てるような、
ヨーロッパならではのそんな『粋』なスポーツだと思います。
(勿論それらは多大な駆け引きの結果かも知れませんが)

欧州スポーツって、サッカーでもそうですが、
元々そのような『粋』が存在する中でも、
自転車レースは、その最たる例だと思います。


話は飛躍してしまいますが…

日本のビジネスシーンにも、そんな『粋』が存在したと思うのですが、
今や米国的『Dead or Alive』的な思想が随所に取り込まれ、
それらが正義として取り込まれている現代、
なんだか窮屈さがあるのは否めません。
良い意味での『談合』って存在すると思いますが、
『談合』自体にものすごいアレルギーが跋扈し、
(それは『菌』というもの全てが『悪』というのと同じで)
『自由競争こそが全て』のような似非米国思想が支配している事は言うまでもありません。

・自由競争
・成果主義
・年俸制
etc…

それらは、それぞれのコミュニティで『共存共栄』を図る為には、
『悪』でしかないのです。

決して弱者の意見ではなく、矢張り狭いコミュニティで生きるからには、
そのような『粋』が必要なのでは?
と、ツールを見ながら、社会人7年目の夏を迎えております。

コメント:0 トラックバック:0

2005/07/18(月) 11:43 サッカー(FC東京)
梅雨明け!!!
            夏!!


今日、関東が梅雨明けです。

そして、FC東京も梅雨明け!


爆裂な勝ち方でしたね。
しかも中断後の、いわゆる『HOT6』において負け無しなのは唯一東京だけ!




FC東京も東京も夏生まれの俺も、さあ夏本番です。

コメント:0 トラックバック:0

2005/07/17(日) 12:31 自転車
ツール・ド・フランス その2
いつの間にやら15ステージまで終わって、やっぱりアームストロングかよ…

前にも書いたけど、やっぱりアームストロングを揺るがす2番手が全くいないのね…
ラスムッセンはそこまででもなさそうだし、ウルリッヒなんて論外だし。

ホントつまらん…

今日はアームストロングが勝ちにいくんだろうな。
ポルテ・ダスペの件もあるだろうし。
んで確定。


あ~、つまらん…



ブエルタ・ア・エスパーニャに期待。

コメント:0 トラックバック:0

2005/07/09(土) 12:59 自転車
ツール・ド・フランス その1
今年のツール、もう第7ステージまで終わりましたが、
今年は『大逃げ』が決まりませんねぇ。

誰でもいいので、アームストロングを止めてほしいものです。

しかし、有力な2番手が不在ですな…
ウルリッヒは今年(も)ダメそうだし、
バッソも本調子ではなさそう、さらに運がきてない感がある。
あとは…よくわからん。

いよいよアルプス。各々の形成がどう変わってくるのか、
またまた楽しみです。


そして今日は『東京ダービー』。
しかし今年は盛り上がらないなぁ。
元々無理があるダービーのような気がするし。

今思えば、2003年2ndのダービーマッチは、
ダービーだから盛り上がった訳ではナイのでしょうね。
・アマのホームラスト試合
・2nd優勝の可能性
これらのファクターで85%は占めていたと思います。

スポニチで、ホームエリア争奪戦的な記事が載っておりましたが、
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2005/07/09/01.html
城北地区在住の私としては、どっちでも良い感があります。
むしろ渋谷区を狙っている東京Vの戦略に、とても興味があります。

まだまだ先の事になりそうですが、
23区への深耕を、早いとこ図ってほしいものです。

コメント:0 トラックバック:0

2005/07/03(日) 22:57 サッカー(FC東京)
7/2 vsC大阪 @味スタ
Jリーグ、再開しましたね。

…がしかし、なんか最近、サッカー観戦に関してのワクワク感がかなり薄れており、昨日の試合も、
かなり『義務』での観戦でございました。

というのも、以前ブログでも書いたダニーロ氏、レンタル移籍とは…
写真

なんとしてもメキシコで活躍してほしいものです。出した事を是非後悔させてください。いやホントに。

さてさて、昨日の試合ですがねぇ…

2点リードした時に、10年来の友人(N宏氏)と予言した、
『後半30分までに点を取られれば、良くて勝ち点1。勝ちはナイ』


…見事的中してしまいました。

若干悲観的に観るくらいがちょうどよいうのかねぇ、このチームは。

個人攻撃ではナイが、気になった方々。
・土肥 …もういい。ホントもういい。PK見送るのだけはやめてくれ。世代交代なんじゃない?

・加地 …どうした?ちょっと開眼した?
是非バイエルンに行ってくれ!モロ手を挙げて応援するぞ!(マジで)

・今野 …三浦さんと仲良い?浅利さんとは03年1stはよかったけど、今年は合ってない?

・栗澤 …足攣るまでは素敵でした。

・石川 …なにがしたいの?最近プレーが雑だぞ。
かなり自分を見失ってるし、実は意外とチームにフィットしてないんじゃない?
チーム的には売れるうちに売っぱらって、現金化した方がよいかと。

・近藤(祐)
…人生において決定的な『チャンス』ってのは、そんな多くないんだよ。
今自分を売らずして、いつアピールするおつもりですかねぇ?
サッカー選手として大成したいとは思ってないの?
と、こっちが行く末を心配するくらい、サイテーに見えました…

・戸田 …ミスター『ワンタッチ』プレーヤー。ある意味一番ファンタジー。
3点目決めてたらね。ばっちり勝てたね。

・ルー …髪伸びたね。もう少しでレジー・スミス!存在感がものすごく増したな。


とは言っても、楽しい試合だった。
自分は比較的アメリカンスポーツに携わってたので、特にそう思うのだろうが、
『サッカーは、勝ち負けに関わらず、得点シーンが多い程楽しい』
という、なんとも単純な思想の持ち主でございます。
だから4月末のG大阪戦@万博なんかは、サイコーに楽しい試合でしたね。1試合で8点ですよ!おトク過ぎる♪

対照的にスコアレスドローの試合は、入場料の半分を返して頂きたくなるくらいつまらない。

今日はトータル4点なので、良い方だったと思います。


それよりも、ツール・ド・フランス、開幕しましたね!
今年からフジテレビが完全に降りた事もあって、ツールのためにケーブルテレビに入りましたよ!

しかしまともにLIVEで放送しちゃうのも、たいがい長い…
J SPORTS殿、是非30分程度のステージごとのダイジェスト番組も組んでくらはい。

コメント:0 トラックバック:0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。