[PR] 競馬の比較サイト 年年歳歳花相似 歳歳年年人不同 2005年06月
FC2ブログ
年年歳歳花相似 歳歳年年人不同
美しい花は毎年同じように咲くが、花を愛でる人は毎年同じ人ではない。
2005/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2005/07


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005/06/27(月) 22:39 自転車
今市→沼田
前回のカキコ通り、昨日(日曜)に自転車乗りました。

長かった…そして登りがキツかった…

全般的に言える事でしたが、
景色を楽しむ余裕なぞ全く無かった…
確かにキレイな景色等はいっぱいあったが、普段の観光のような余裕がナイ為か、記憶的にも『チラ見』レベルでしか残っておらず。
まあクルマでは幾度と通っている道なので、勝手は知っていたし、今回は純粋に自転車をこいでこいでこいで…

●序盤(下野大沢→日光)
初輪行で、始発の宇都宮線にて宇都宮駅、そこから日光線で下野大沢駅へ。
写真1

下野大沢駅前よりスタート!(7:45くらいだったか?)
(なぜこの駅かと言うと、単純に国道が近かったから)
自転車と体の具合を見るためのウォームアップ区間。
といっても、なだらかに登っていて結構しんどかったりする。
杉並木はキレイでした。

●最初の砦(いろは坂→華厳の滝)
いろは坂の入り口手前の『7-11』にて小休止の後、アタック!!!
…手ごわすぎた。かなり歩いてしまった…
いろは坂だけでおよそ3時間も費やす、そのヘタレっぷりといったら。
写真2


●中盤?(華厳の滝→竜頭の滝→戦場ヶ原)
中禅寺湖畔をスイっと走り、久々に前進する喜びをかみ締めたと思いきや、またもや登り。
竜頭の滝にチラっと寄り、戦場ヶ原へ。
写真3

写真では伝わらない、まさに古戦場のような荒涼とした景色は圧巻。ここは毎回いい表情をしている。
…が、比較的平地だったので、ほとんどノンストップで通過~。

●最大のヤマ場(日光湯元→金精峠)
写真4

いろは坂までで殆どの足は使い果たしており、気力的にも参っている中で挑戦!
これまた結構歩いてしまった…
このあたり、かなり涼しく(20℃台前半?)春くらいの陽気で体力的には楽だったかも。ウグイスの鳴き声がそこここで聞こえ、少々和んでみました。
そんなこんなで13:30頃、やっとこさ金精峠到着!
でも何故か、登りきった達成感よりも、体力の衰えを憂ったのか、若干の敗北感…
スタートから6時間弱。おそ…

●あとは流し…?(金精峠→白根)
峠で前チャックを閉め、お腹にタオルを入れ、ちゃんとヘルメットを被り、いざ下り!
最高瞬間時速70kmで、びゅんびゅん下り、あっという間に白根温泉。
写真5
実はここまで、ゼリー飲料等以外の固形物は食べておらず、やっと食物にありつきました。

温泉たまごうどん、おいしゅうございました。
写真6


●まだあったヤマ場(白根→椎坂峠)
さらにびゅんびゅん下り、片品の市街地を抜けた頃から、ちょこちょこと登り坂が…
気持ち的には金精峠で終わってたので、かなりヘコみながら、オルゴール館を目指し登る…
意外と斜度がキツく、もう死にそうでした。てか、矢張り歩きました…
写真7


●フィニッシュ!(椎坂峠→沼田駅)
峠を越え、またもやバビュンと下り、下ったちょっと先のローソンにてアイスを食し、気分的には終了モード。
終わりも見えた事もあり、帰りの電車を調べたところ(この時16:25)、
『16:56発 特急水上8号』
の文字が!
あと約30分。でもアイスを捨てる訳にはいかず急いで食べ、結局16:35頃発。
駅まであと8kmくらいあり、さらに電車に乗る前に自転車を畳まなきゃいけないし、逆算して残り15分程度。

…それはそれは、我ながらホントにこの区間は早かった。
16:51頃到着。
写真8

ここから自転車を畳むも、時間が迫ってたので、とりあえず袋詰めは後ほど。
…セーフ。

写真9


しかし、レーサージャージ,メット,グローブ装備のまま特急に乗ったのは、ホント恥ずかしかった。
デッキで自転車を袋に詰め、くくりつけ、トイレで着替え、やっと一段落。
最後はドタバタでございましたが、最後のセクションが一番燃えていたような気が…
矢張り人間、具体的な何かに追われる必要があるのだな、と実感しました。

●まとめ
走行距離 115km
最高時速 71km
時間 約9時間(7:45→16:50)
平均時速 18.4km(苦笑)

●所感
・自転車もたいがい早くない乗り物だとは思うが、
それでも矢張り歩行速度は周辺を見たり感じる余裕があるものだ、
という事に今回初めて気付いた。
金精峠までの急坂でウグイスなどが気になったのも、明らかに歩いている時だったし。

・『体力の衰え』と平行して『気力の衰え』も実感…
頑張れるはずの坂も、あまり無理が出来なくなっていた。
自己診断では明らかにメンタル面での甘え。

・もっと歯車が欲しい…今回はフロント53-39T,リア13-25Tだったが、
もっと軽いリア(28とか)か、フロントトリプルが必要かも知れない。

・『輪行』サイコー。行動範囲がバッチリ広がります。思ってたより袋詰めも簡単でした。
しかし行きも帰りも『手回り品』の切符を発行するのに、若干手間取った。
どっちも切符の発行No.が『000001』だったところを見ると、
このあたりの特殊系切符の発行は1日1枚あるかないかのレベルなのでしょうか。

・(予想通りですが)日焼けが痛い

・意外と筋肉痛がナイ。これは前後の補給が良かったためか?
それとも筋肉的に攻めなかったのか?

・坐骨(恥骨?)はハンパ無い痛み…
かなり軽めのサドルを使用しているからでしょうな。
ちなみにセラ・サンマルコのASPIDE ARROWHEAD(白)。そりゃ痛いわな…


そんなこんなでした。
まあまたどこか行ってみようかな、と考えております。
今度はなるべく平地で…
スポンサーサイト

コメント:0 トラックバック:0

2005/06/25(土) 22:19 自転車
前夜祭…?
写真


明日は、宇都宮→沼田のヒルクライムツアーを敢行します。

始発で下野大沢駅まで輪行し、いろは坂→金精峠→ロマンティック街道→沼田駅、実に100km。
以前、那智勝浦→東京(5泊6日)以来の7年ぶりの遠出。かなり不安…

しかし、大きく分けて3つの峠をヤッツケてやろうと思います。


実際にこのルートを敢行した方がいらっしゃれば、是非感想等を頂きたく思います。

今日は早く寝よ。

コメント:0 トラックバック:0

2005/06/18(土) 00:26 サッカー(FC東京)
祝 優勝!!! そして東京は…
千葉ロッテ、交流戦優勝しましたねぇ。
最近はそんなに肩入れしてないのですが、
数年前までは毎週のようにマリンに行ってたものです。

そんな感じなので、今回の優勝ってのはどっちかと言うと
『おめでとうございます』
といった、どちらかと言うと祝福する側のスタンスになってしまっているのですが、
今シーズン、ロッテに肩入れしてる方々にとっては、
夢のような年でしょうね。
応援するチームを持っている、言わば同じ境遇のものとして、
その喜びは非常に良く解ります。


…しかし、東京はこのスランプから脱却出来るのか…?
パラグアイ代表を獲れそう、とか、黒部獲得?とか、
胸踊る筈のネタにも、自分でも驚くほど期待感が無いのです。

今までは『チーム』に対する気持ちが強く、
中身が誰であれ問題としなかったのですが、
こと今年に関しては、何故かダニーロに夢中(笑)です。
写真

彼に関しては、東京サポの中でも大いに賛否両論あると思うのですが、
自分としては、川崎FとのPSMで一目見た時から、
そのボールタッチ(だけかも知れませんが)に惚れ込んでしまいました。
未だに
『今期のスランプは、ダニーロ中心のチーム作りをすれば解決!』
と本気で思っております。
今年の不調は、ひとえに『ケリー不在』にあると考えております。

2003年が絶好調だった理由は?
2004年(リーグ戦)が振るわなかった理由は?

非常にシンプルに考えれば、それはケリーの好不調だったのでは。

そのケリーの穴を埋めるべく来たダニーロに、
ビルディングを任せる方針と避けるべく進んでいる今年、
そりゃあうまく行く訳が無い…と思うのですが。
だってケリーほど、トップ下を担える人材が他にいないから。

・ユータ?
まだまだまだまだ。技量もさることながら、
それを補うスピリットも感じない。
・梶山?
ケガ多いし、未だにムラが多すぎる。
たまに良いが、ホントたまにだし。
・栗澤?
個人的には大好きだが、彼はトップ下よりもうちょい低い位置
(ボランチとトップ下の間)に居る方がマッチする気がする。
(彼自身、『アシスト一つ前のパスが好き♪』
という発言が物語っているような)
・宮沢?
…個人的にはキライな部類。
体力ナイ、動かない、気持ち感じない、靴下低い、
CK,FKも巷で言われる程いいとは思えない、等々。
ダブルボランチで絶対的なディフェンシブなパートナーないない限り、
全く生きない、超限定的人材では?

そう考えていくと、現在の戦力においては、
トップ下はダニーロが適任だと思われる訳です。

その限られた人材を活かせないH監督、
ここ数週間の采配には疑問を感じてしまいます。
元々好き嫌いが激しいイメージがあったが、今年は特に酷い気がします。

『ケリーの好不調に左右されないチーム作りをしたい』
みたいなコメントが今年始めくらいにあったと記憶していますが、
当時はその『好』があっただけ、その時の方が格段に素晴らしく、
且つドラマティックな試合展開だったように思えます。
今は不調というか、ただのスキル不足でしょうね、気持ち云々の前に。

でも残念ながら、そう簡単にはキライになれない東京。
むしろ愛して止まない、自分にとっては負けてもカワイイ憎めないチームであります。



…かねぇ?



とりあえず、ダニーロ、ちゃんと帰って来るんだよ♪

コメント:0 トラックバック:0

2005/06/12(日) 12:09 つれづれ
発熱
大風邪を引きました。

年に1~2回はあるのですが、39度強の熱が出て、金曜夜~日曜朝までは、全くの機能停止…

毎回ノドから来る風邪なのですが、引かない方法って、なんかあるんですかねぇ?

コメント:0 トラックバック:0

2005/06/04(土) 10:12 サッカー(FC東京)
強いときも、弱いときも…
写真


今日(6/4)は、ナビスコカップ予選のFC東京vs柏 @味の素スタジアムです。
今まで全く触れておりませんでしたが、結構FC東京が好きで、毎週のように観戦しております。

私が初めて東京を見たのは、忘れもしない2001年7月の1stステージ最終戦の清水戦@日本平。

それまでサッカーには全く興味無く、むしろ嫌いでした。
当時私は静岡(焼津市)に住んでおり、のほほんと過ごしておったところ、
ちょうど大学時の友人が会社を辞め、ヒマを持て余して焼津に遊びに来ており、
「ヒマだからサッカー観に行こうぜい」
てな感じで観に行きました。

それまで野球(千葉ロッテ)は良く観に行ってたのですが、
実はサッカー観戦は初めてで…


何もかもがセンセーショナル!!!


当時、まだ『Vゴール方式』が残っており、もつれて延長にまで進んでたのですが、
延長前半で土肥が沢登のPKを止め、そしてケリーのVゴール!!!
ゴール裏はぐちゃぐちゃになって、まるで夏祭り。

(その試合の詳細はこちら)
http://www.fctokyo.co.jp/home/index.phtml?cont=result/result&game=585360&year=2001

それ以来、まさに虜…
翌年(2002年)からSOCIOに入り、観戦歴5年目でございます。
東京のファン層で言ったら短い方なのでしょうが、
本人としては相当前から観ているような感覚です。

昨年末にコアな方々と友人になった事もあり、
今年はアウェーも含め全戦行っておりました。
(先週のナビスコ/大分戦は…)
今はアウェーの虜ですね。遠ければ遠いほど楽しい!
その反動か、今は味スタホームの試合が、実は億劫になってしまっており、
ご多分に漏れず今日もダルいですねぇ…雷雨らしいし。


ちなみに今年のメンツでは、ダニーロが一番好きです。
巷ではものすごい評判悪いですが、(悲しいかな)チームで一番可能性があると思うし、
なによりウマい!

テクの無い戸田とか石川とかユウスケとか宮沢とか、少なくともあんたらよりウマいので、
ケンカせず、いがみ合う事なく、彼を尊重して、
『ダニーロを中心としたチーム』
になってくれたらな、と、現状のチームのプレー方針を根底から否定するような意見を放って、
結びとしましょう。

(写真は当時のものではなく、2003年の日本平です。あしからず…)

コメント:0 トラックバック:0

2005/06/02(木) 20:52 つれづれ
『ビックマックポリス』はいずこへ…?
ビッグマックポリス


トシをとってきたせいか(今年30です)、
最近やけに幼少時の事を思い出すようになってきました。
・小学校の通学路
・当時聴いていた音楽
・その音楽を聴いていた時の事
・テレビ番組
などなど…挙げたらキリが無いくらい、ホントに思い出します。

…俺、死ぬのかな?(苦笑)

まあそれはさておき、今日ふとそんな回顧の中で、
ホント唐突に
『ビックマックポリス』
の存在が出てきました(何故だ…?)。
そういや最近見ないなぁ、と思って調べたところ、
見事消されていたのですね。

ウィキペディアによると
(↑内容の是非に関しては、何も申しません…↑)
という事で、まこと残念…

あとはミスドの『ゴブリン』。
昔はヤツらの存在が少々怖く(笑)、あまり好きではなかったのですが、
中学校くらいまでゴブリンのお皿を使ってました。
最近また復活傾向にありますが、敵(?)もさることながら、
小出しにしか出してくれません…
しかも昔のと違って、若干柔らかな印象に変化してるし…
昔のはもうちょいグロかったのになぁ。

ミスド様、ゴブリンプレゼントを行なった暁には、
死に物狂いで全種類揃えますよ!

しかしキャラものはいいですねぇ。
未だ(今年30です)大好きで、食玩とかオマケ付きペットボトル飲料とか、
かなり買っております。
部屋中飾り立ててエラい事になっておりますが、
彼らは命が宿ってますからね、人形と一緒で捨てられないのですね、これが。


コメント:0 トラックバック:0

2005/06/01(水) 20:28 つれづれ
関東直下大地震???
写真

何気にここ最近、地震についてナーバスになっている。

WEBを中心としたソースで幾つか
『5月末~6月初旬に関東直下型の大地震が来る!』
的な情報が錯綜しており、まんまと乗っかってしまっている。

まあ元々大雑把な性格なので、そんなに神経質にはなってないが、
玄関に簡単な非常用リュックを置いていたりしている。

うちは木造2階建ての1階で、
こないだ阪神大震災を芦屋で経験した会社の後輩が遊びに来た時に、
『この家、絶対潰れますわぁ』
って言い放ってたので、ますます心配。
加えて東京の木造住宅密集地帯のまん真ん中。延焼は免れないし、
不謹慎ながら、『地獄絵図』になる事必至。


で、そんな中、この家に居た時に何を一番守りたいか、
と考えた時、真っ先に思いついたのが…

…こるなごロードバイク…

我ながらバカですな。

そんな中、先ほど東京湾を震源とした地震が…
予兆か…?


まあこれを機に、地震について気持ち的なケアが出来れば幸いかな。

コメント:0 トラックバック:0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。