[PR] 競馬の比較サイト 年年歳歳花相似 歳歳年年人不同 映画
FC2ブログ
年年歳歳花相似 歳歳年年人不同
美しい花は毎年同じように咲くが、花を愛でる人は毎年同じ人ではない。
2018/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2018/11


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007/10/12(金) 22:38 映画
映画 『茄子 スーツケースの渡り鳥』
J-SPORTSの試写会が当たり、試写会に行ってきました。


071012_1832~0001.jpg



この映画、前作の『茄子 アンダルシアの夏』の続編。







…正直、かなりスケールが小さく、ショボい印象。

『アンダルシア』は、ブエルタを舞台にした事、
アシストが意外な展開で勝てる様子やパーソナルなトラウマなど、
すばらしい世界観を醸し出していたが、今回の『スーツケース…』は、
なーんだかただのレースアニメ。
『OVER DRIVE』のアニメと大差無いレベルか。

元々、短編集からひっぱってきた一話なだけに、続編自体に無理があったか。



1年くらいひっぱってコレでしたか…かなりガッカリ。


スポンサーサイト

コメント:0 トラックバック:0

2007/02/10(土) 23:52 映画
映画 『バブルへGO!!』
本日封切りの『バブルへGO!!』、早速観に行った。


bubbleGO.jpg




久々憂いも無く、スカっと観れる映画だった。
ホイチョイの映画はいいねぇ。

いわゆる『バブルの時代』って、当方は小学校高学年~中学生。
全く恩恵を蒙ってない世代なんだよなぁ。

オトナはあんな楽しい思いをしてたのか、と、あらためて考えてしまった。



ちなみに前半、タイムマシンで旅立つ前のあたりは、
微妙に『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のオマージュだったのかな…


あとに残るモノは少ないけど、かなりおもろかった。

★★★★☆


コメント:12 トラックバック:0

2006/12/25(月) 00:01 映画
映画『硫黄島からの手紙』
iojimamkarano.jpg




正月休みは丸々北海道に行ってしまうので、今のうち観ておこうと、レース終了後強引に観に行った。


以下、映画のストーリーに絡むネタになる。
かなりネタばれしちゃうと思うので、『追記』の項に入れました。






続きをどうぞ


コメント:9 トラックバック:0

2006/11/04(土) 23:59 映画
映画『父親たちの星条旗』
4451_image4.jpg



父親たちの星条旗


太平洋戦争末期の『硫黄島の戦い』を題材とした映画。

戦争自体を題材にしている感じではなく、まぁ題名のとおり、兵士の息子が父の姿を見聞きし、回想シーンで繋ぐ展開。




まぁなんつうか、戦闘シーンも回想もストーリー自体も、
全て中途半端に展開しちゃって、いつの間にか終わっちゃった感じだったなぁ。


上陸シーンの撮り口なんて、まるでプライベート・ライアンそのもの。
(まぁロケーションも似てたのかも知れないが)


とは言っても、つまらなくは無い。短い2時間ちょっとではあった。


★★★☆☆

かしら。


コメント:0 トラックバック:0

2006/03/04(土) 17:17 映画
映画 『県庁の星』
       kencyo.jpg


ヒマだったので観て来ました。
フライトプランと悩んだのですが、
ジョディー・フォスター vs 柴咲コウ
で、県庁の勝ち。

とてもわかりやすい、ありがちな更生&サクセスフルな物語。
見ていて疲れない、見やすい映画かと。


『公と民の共栄』的なテーマではあるが、そこは実は本流ではないので、
たいした問題ではないのだが、随所に『公』をシニカルに風刺している表現が散在。
但しその手口自体は非常に陳腐なものが多く、『見所』というレベルには達さずかと。



総じて言うと、フジテレビ系のドラマだな、こりゃ。
面白いは面白いと思うけど、
\1,800支払う価値があるかどうかは微妙。

・ハラハラしたくない
・心臓が弱い
・疲れたくない、って人にはオススメ。

★★★☆☆ってとこかなぁ。

コメント:0 トラックバック:0

NextPage


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。