[PR] 競馬の比較サイト 年年歳歳花相似 歳歳年年人不同 旅
FC2ブログ
年年歳歳花相似 歳歳年年人不同
美しい花は毎年同じように咲くが、花を愛でる人は毎年同じ人ではない。
2018/11 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2019/01


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012/09/09(日) 23:59
日帰りで韓国に行って来ました
スターフライヤーが就航記念で安い設定があったので、
釜山に日帰りで行って来ました。

いやー疲れました(笑)

さすがに初めて行く土地で、下調べも全くせず、
確固たる目的も無く、まして10ヶ月の子連れ。
今までと同じ意識で挑みましたが、コドモが居る事で
勝手が全く違いました。てか今更気付くなと(笑)

こんな感じでした。

06:40
家を出発。クルマで北九州空港へ
08:15頃
北九州空港到着。
10万ウォン両替。0.792ウォン/円だったか。
09:00
離陸。
09:50
釜山到着。超速い。今まで乗ったジェット機では、
一番短いだろう。機内サービス皆無、てかやるヒマなかろう。

時系列…もうこの先は覚えてないw

空港でまずwifiをレンタルする。800ウォン/日。安い♪

天気は雨。結構しっかりと雨。結局終日雨でした。

とりあえず国際市場らへんが中心なのだろうと勝手に判断。
テキトーに調べてたリムジンバスに、テキトーに乗るw
とりあえず『南山洞』(だったかな?)というトコで降りたら、
これがまた全然違うのw

目の前に地下鉄があったので、とりあえず駅に行き、
路線図と地名とにらめっこ。なんとなーく把握し、
国際市場を目指す。地下鉄で30分以上かかった。
やっぱ全然違うトコに降りてたのねw

国際市場は12時前にぶらぶらしてたけど、なんか閑散としてた。
日曜だからか?不景気?とか思ったけど、夕方来たら人だらけw
出だしが遅いのか?

んで通りかかった食堂でご飯食べる。冷麺的なヤツと、
ハンバーグ形状だけどカルビ味のなんか。これが旨かった♪

その後、唯一決めていた目的地、ロッテストアへ。
ちょっと郊外にある大きな複合スーパー。
ココのプレイルームでストレスが溜まってる(であろう)コドモを放ち、
存分に遊んでもらう(俺は外でぼーっと&昼寝w)。

16時頃になり、再度国際市場の方に戻る。
前述のとおり、人がわんさか増えていてびっくり。

帰りのリムジンバスのバス停を確認して、
サムゲタンを食らう。あんま腹へってなかったけど、とても美味しい♪

(こっから時系列復活w)

18:20
リムジンバスに乗る。所要時間は45分くらいと踏む

18:45頃
いろんなホテルに寄り、まだ市街地。あれ?チェックイン間に合う…?
(チェックインリミットは19:35)

19:00頃
やっと高速道路に乗る。しかしどっかり渋滞…
血の気が引くw いやマジで。
ドコ泊まろう…?明日会社休めるっけ…?なんて言おう?
など、乗れなかった事を具体的に考える。

19:15頃
渋滞が収まりスピードアップ。お、間に合うか…?
という一縷の望みが見えてくる。

19:25頃
到着!!!
狭い空港ながらチェックインカウンターまでダッシュ!
しかし見つからない…w
一番スミッコの階段の下にありやがるのw
チェックインしたら…案の定一番最後でした…

19:35頃
出国手続に並ぶ。その間に搭乗時間を確認すると…19:40w
買い物するヒマ、皆無。てかトイレすらも行けないw

19:45頃
バスに乗り、飛行機へ

20:15頃
めでたく離陸。あー焦った…

21:00
北九州空港到着~♪

帰りもクルマで。22:40くらいに到着~♪

何が辛かったって、帰りのクルマの運転。
久しぶりにガチで居眠り直前運転した…
(残り20km、小野田らへんでヨメさんに代わってもらいました)

まあ土地勘はついたので、次また行く時にはもう少し効率良く
色々出来る事でしょう。

その他、感じた事。

・韓国人のスマホ所持率は異常。老若男女、みーんなスマホ。
しかもiPhone率は低く、やはりGALAXYとLGが多い。
その中でもGALAXY NOTEを自慢気に持ってる人が多いのが
とても印象的でした。俺も買わねばw

・普通にハングル語で話しかけてくる。これは今まで行った
諸外国では無かった現象。姿容が変わらないものねぇ。

・コドモ大好き?
どのお店でもツーリスト・インフォメーションでも、
10ヶ月のムスコに対して、すごくフレンドリーに接してくれた。
これはホント助かった…

・日本車や日本製品は殆ど見かけなかった。
日本製品は化粧品と調理器具くらいなモノだったか。

・悲しいかな、ヒュンダイやKIAのクルマがカッコよくみえたwww
そのくらい日本に対しての自信を失っているのか?w

・コドモをエルゴで抱いて、さらに傘さしてる状態だと、写真撮るのが超億劫で、
今回は殆ど写真無し…

・てか10kg弱のコドモ抱いて歩き回るのは、本当に疲れた…


そんな日帰り韓国(釜山)の旅でした~♪
スポンサーサイト

コメント:0 トラックバック:0

2010/09/17(金) 08:21
東京から島根って遠いんだなと改めて実感した行程検討
あさって(9/19)の出雲センチュリーライドの為、
明日は終日島根県の松江に向けての移動。

元々目論んでいた案としては…
・往路 金夜発のサンライズ出雲
土曜朝に着きふらふら観光

・日曜 自転車走行

・復路 日曜夜に出雲空港→羽田の飛行機


飛行機はスーパー先得でゲットしていたが、
サンライズは1ヶ月前のみどりの窓口10時ちょうどアタックを敢行するも、あえなく撃沈…

こうなるともう選択肢はかなり少ない。

・今回は輪行なので夜行バスは使用出来ず
・飛行機、三連休初日もあり安いプランは皆無
・そんな飛行機は通常料金では流石に乗る気がしない(\31,000くらいだったか)
・京都から山陰線回って、は時間が足らない


短い時間ながら、かなり考えてだした結論が…

・東京→新大阪 『ぷらっとこだま(G)』
 (一度改札を出て)
・新大阪→岡山 『のぞみ(自)』
・岡山→松江 『特急やくも(指)』


しかもぷらっとこだまは9:56発しか取れず、その乗り継ぎで行くと松江着は17:40。
かろうじて宍道湖の夕日が見れるかなくらいで、観光なぞ皆無(笑)

しかし、(今更ながら)今回ので気付いたのは、
飛行機チケットの発売開始のタイミングと、
鉄道の指定券のタイミングが離れすぎてて、
鉄道がダメだった時の救済措置が取りづらい。一気にガタガタになる。

松江まで8時間もかかるんだな。
こだまを使ってるのもあるんだろうが、本州では東京から一番遠い場所かも…
しかもそれでいて\20,000ちょっとかかる。これでも安かったとは思うけど。

ちなみに帰りの飛行機は90分程度で、しかも\10,000ちょっと(笑)

もう…すでに徒労感満載。


コメント:2 トラックバック:0

2010/06/26(土) 02:53
旅の終わり際に、感じた事を…
先週の月曜日(6/14)に出国した旅も、明日の昼にこちらを離れる事になりました(時差やらもあり、到着は成田到着は日曜AM)。

●フィンランド
ヘルシンキ → トゥルク → ヘルシンキ → ロヴァニエミ →

●ノルウェー
→ トロムソ → ナルヴィーク → ボードー → オスロ → ベルゲン → オスロ →

●デンマーク
→ コペンハーゲン →

●スウェーデン
→ マルメ(今ここ) →

●(再度)デンマーク
→ コペンハーゲン →

●日本
→成田

という、12日間とは思えない移動量。
『一度も連泊が無い』という強行軍で、まあ要は移動ばかり(笑)
あれもこれもここもあそこも行きたい!と織り交ぜたら、こんな道程になりました。
飛行機,バス,鉄道,船での移動。陸海空制覇!あとはタクシーが無いくらいか。

今はスウェーデンのマルメという街にいますが、今日は丁度『夏至祭』にあたってしまい、お店というお店がことごとくお休み…
お目当てにしてた技術博物館もお休みで、手持ち無沙汰にネットやってます(笑)


ちなみに今回初めて欧州に渡ったのですが、色々と感じた事を…


・ユースホステルがイイ!

今回新婚旅行だったのですが、そんな旅行の割に半分以上はYHや旅籠的安宿を選びました。
節約の意味もありましたが、やはり自分にとっての旅感は安宿投宿にあると思ってますので。
海外でYHに泊まったのは初めてだったのですが、もう普通にイイ。
無線LANはだいたいタダで使えるし、ベッドだって普通に清潔。地域柄、もちろんホットシャワーだし。
白夜なのにカーテン脆弱だった、というくらいか、不満としては。

これを見ると、日本のYHは終わってる感じが…『斜陽の一途』な現状も、大いに理解出来る。
ずっと昔に姉も言ってたが、日本のYHは『山小屋』がベースになってるせいか、変な『ジャンボリー意識』を持ってるとこも多いし(特に北海道に多い)、別にドミトリーだからって皆と交流しなきゃいけないという意味も判らない。
むしろ欧州のYHはサバッサバだった。同部屋の人とも殆ど交流無し。てか部屋は沈黙の場所。寝るかモノ書くかくらいしかしちゃあいけないような場所。喋りたいヤツは応接スペースに行けという暗黙のアレが出来上がってる(しかし応接に行くと、逆に交流しなきゃいけないんだが)。
YHに関しては、絶対欧州のがいいと思う。日本にも宇多野とか東山とか(要は外国人が多く来るところ)はこういう形態なんだけどなぁ。


・食べ物が旨い

『北欧は大して美味しいモノは無い』的な前評判を聞いてたけど、
EUの流通の偉大さを心底感じました。
飽きる飽きないはあると思いますが、素材が日本のものよりも断然旨い。
特に小麦モノ,乳製品,野菜,肉(要は殆ど)。
そして…日本の食物は残念ながら(素材レベルで)美味しくなくなってるのかもしれないな、と感じました。農薬やら規格やらに囚われるあまり、味のプライオリティが一番後になってしまってるのか…
欧州がどこまで安心出来るか判りませんが、とにかく旨かったのは事実。


・フィンランドは『北欧』では無いという事

今回上記4ヶ国に行って、それぞれの国をホントに微量ながら掻い摘んできましたが…
フィンランドは『北欧』では無い事に気付きました。
後にWikipediaなどで見ても明記されてましたが、ココは立地上も歴史上も欧州の範疇では無いみたいで、確かに人や建物や食物などを見ると、完全にロシア側に近い。でもユーロという不思議な構図(笑)

ちなみに今回行った4ヶ国では、トータル的にはフィンランドが一番良かった。


・北極圏は寒い

4日くらい北極圏に居ました(ロヴァニエミ,トロムソ,ナルヴィーク,ボードー)。
良く考えれば判る事でしょうが、北極圏は夏でも寒かった…
だいたい5℃くらいから最高気温でも11℃くらいで、ヘルシンキのH&Mで長Tを買い足しておいて本当に良かった、と心底感じました。


・チェーン店は…

H&MとZARAはどんな小さい街でもありました。
首都レベルの街だと、10軒以上は余裕であった勢い。日本のユニクロと同じような出店量なのでしょうか。

マクドナルドは、北極圏以外はどこにでも大量にありました。
世界最北端のマックは、フィンランドのロヴァニエミにありました。
日本よりか若干高いイメージか。特に個性的なメニューはありませんでした…
というか、マックは結局行きませんでした。

バーガーキングは、フィンランドでは見た覚えが無く、ノルウェー以降はマックと同じような場所に同じような店の数、存在しておりました。
ノルウェーのオスロにて行きましたが…2人で2000円オーバー(笑)物価も高いし、そもそも食い過ぎた。

サブウェーもまあまあ存在した印象があります。
しかしサブウェーは成田で行っただけでした。
わざわざココでサンドイッチ食わなくても、美味しいとこはいっぱいあるので。大して安い訳でも無さそうでしたし。


・交通について

とにかくインフラがしっかりしてる感じ。
民間の長距離バスも、なかなかしっかりしてる。時間も設備も文句無し。
ただ、ことごとくODDメーター40万kmオーバーで、さらにフロントガラスにヒビがいったままの車両が大多数でしたが(笑)

鉄道は予想以上にしっかりしてました。
フィンランドの国鉄は、在来線でも200km/h出して走ってる路線もあったし、なにより静か!
日本の在来線は…世界的に見ればローカル線の類になってしまうんじゃないでしょうか。
『日本の鉄道は素晴らしい!世界に誇る云々…』と自分も思ってましたが…残念ながら、実はとっくにEUには抜かれているような気がしました。
空港アクセスに関しても、どの空港も不便を感じる事無く、だいたい30分くらいで『**中央駅』に着くくらいのクオリティを持ってました。
新スカイライナーで、やっとこさ体裁は保ったくらいでしょうかねぇ。

乗用車は、MT車が断然主流でした(乗った訳でなく駐車してる車を見てた印象)。見てた感じ、8割方はMTなのでは。
…これは何故なんでしょうかねぇ?テクノロジーや金額的なモノでは無いなにかだとは思うのですが、結局判りませんでした。
そしてどんな小さい車にも、牽引ポールが必需品みたいで、これまた8割方はついてました。
FIAT/チンクエチェントとかにも付けてましたが、あれってそんな馬力あるんですかね…?

キャンピングカーは多く見受けられました。ちょうど北欧はサマーバカンスシーズンというのもあるのでしょうが、かなり多く見ました。




こんな感じでしょうか。
とにかく、文化,生活,風習について、自分の持ってるそれとの差異を感じる事が多く、大変刺激的な旅でした(です)。
あとまる一日ありますが、まあ楽しんでいきたいと思います。

こちらは夜の20時前、そろそろご飯食べに行きます。
…てか、店開いてるのかな…?




コメント:0 トラックバック:0

2010/04/28(水) 08:27
『プレスカブ号 放出の旅 』決定
昨年夏に中古で購入したカブ(プレスカブ)、あまりに乗らないので、奈良の義弟に譲渡する事にしました。

…しかしせっかくなので自走でお届け♪
といきたいとこでしたが、今年のGWは連続して空いてるのが2日間のみなので、名古屋付近にて受け渡す事にしました。


…しかし300km以上ある中、法定速度30km/hの原付は2日間で辿り着くのだろうか…?

とりあえず現時点で朧気に抱いてるプランとしては…

・4月30日(金・有給)のAM4時出発~5月1日(土)17時に名古屋駅集合
・目標としては静岡県西部で野営(テント泊)
 せめて焼津市浜当目の海水浴場(笑)
・できれば日没前(16時台)には投宿したい
・夜通しは走らない。ビール呑みたいし
・コースは旧東海道をなぞる感じで。でもあまりとらわれず自由な感じで。
 しかし(特に前半は)前進優先
・渡した後は、名古屋から『のぞみ』でワープ(笑)

今のところ全く準備出来てません。田中さんから『東海道を歩く』という本を借りたのみ(笑)

スタートは明後日。
乞うご期待!

コメント:0 トラックバック:0

2008/12/21(日) 23:43
会津若松やら喜多方やら只見線やら
前日の仙台往復で使った『土日きっぷ』、勿体無いので、日曜も使ってみた。


前日の仙台からは一度帰り、家で寝てから再度朝の新幹線に乗り郡山へ。
なんと贅沢な使い方!
CO2排出量的には頂けないエネルギーの使い方だが、これぞこのフリーきっぷの醍醐味。



朝方のやまびこで郡山へ。
そこから磐越西線で喜多方へ(振り返ってみたら、磐西も初めてだった)。

CIMG5216qvga.jpg

喜多方では駅にほど近い喜多方ラーメンを2軒はしご。

『源来軒』
CIMG5219qvga.jpg

CIMG5221qvga.jpg


『食堂なまえ』
CIMG5222qvga.jpg


ま、普通というか…旨いんだが普通というか…
旨いんだが…




一度会津若松に戻り、只見線へ。

…その磐西にて新潟のお客さんに遭遇(笑)
その方もお仲間と只見線に乗るとの事。考える事はほぼ一緒か(笑)

只見線、雪を期待していたが、全く無し。
『冬』というよりは、『晩秋』といった雰囲気。


CIMG5226qvga.jpg

CIMG5238qvga.jpg

CIMG5228qvga.jpg

CIMG5232qvga.jpg


ふらーっと景色見て、持参した地図と対比したり、
ぼえーっと酒呑んだり…要は特になにもせず、小出到着。

小出からは一度長岡に出る。
嗚呼、仕事の香り長岡…旅気分が皆無(笑)

長岡の駅ビルの長岡小嶋屋でへぎそばをがつーんと。

CIMG5242qvga.jpg



帰りは、別用で新潟に行ってたとまたもやご一緒し、帰路に着きました。






もうちょい雪の深い季節に行きたいものです。
あと大糸線も。



コメント:0 トラックバック:0

NextPage


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。